伊豆の踊子を読んで 書評

 導入
 本の内容
 書評

 導入

会社の同僚が私が本を読んでいるのを見て、貸してくれました。ちなみにブログをやっていることは、内緒にしています。

知り合いは会社にいるのだ。コミュニケーション能力めっちゃないけれど。

 本の内容

Amazonのあらすじでも読んでください。正直言って、私はどういうセンスで、この伊豆の踊子という、秀逸なタイトルをこの物語から引っ張て来たのか、わかりません。

さすが、川端康成ですね。

 書評

 なんかよくわからないですが、素晴らしい作品ですね。

 

伊豆の踊子 (新潮文庫)

伊豆の踊子 (新潮文庫)